So-net無料ブログ作成
検索選択

白いビーチが真っ赤!…土佐清水市の大岐浜(読売新聞)

 高知県土佐清水市の大岐浜で、海水が赤く染まる現象が続いている。

 イギスと呼ばれる紅色の海藻が潮の流れで集まったため。赤潮とは違って無害で、刺し身のツマなど食用にもなるが、見た目は血で染まったようにも見える。徳島県から訪れたサーファーは「赤潮かと思った。少し気味が悪い」と話していた。

 同浜は足摺半島の付け根にあり、延長1・6キロの白砂青松で知られる。岩場で育ったイギスは4月頃から浮遊。ほぼ毎年、潮流の具合で同浜に流れ込み、5月中旬までに大半が枯れて消えるが、県土佐清水漁業指導所の松浦秀俊所長は「今年は3月以降の長雨で海水温が上がらず、枯れるのが遅いのでは」と分析する。

辺野古の住民組織、埋め立て容認する方針(読売新聞)
<普天間移設>首相、23日に2度目の訪沖…政府方針説明(毎日新聞)
首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
小杉元文相の妻逮捕=8900万詐欺容疑―元秘書も・警視庁(時事通信)
志位共産委員長、「無法で乱暴な軍事行為」と北朝鮮を非難(産経新聞)

被害者感情と国民理解を重視=B型肝炎和解、慎重に検討−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は10日夜、政府として和解協議に応じる方向となったB型肝炎患者による国への損害賠償請求訴訟について、「被害者の気持ちも大事だ。(それ)とともに国民の理解をいただくことも大事だ」と述べ、救済範囲や賠償額は慎重に検討する姿勢を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 ただ、首相は「細かいことを言う立場でない」と語るにとどめ、具体的調整は担当の仙谷由人国家戦略担当相に委ねるとした。 

【関連ニュース
「七つの罪、現代社会で重要」=鳩山首相
5月末に「方向出したい」=鳩山首相、合意に触れず
鳩山首相、週明けにも閣僚と協議=普天間、政府案決定急ぐ
サウジ経済企画相と会談=鳩山首相
「指導力欠くことある」=普天間念頭、鳩山首相に苦言

<野口聡一さん>「宇宙授業」ISSから(毎日新聞)
<春の叙勲>皇居で大綬章授与式(毎日新聞)
<市民後見人>支援・養成の自治体7% 取り組みに差(毎日新聞)
新幹線車両の部品紛失=パンタグラフの板−JR東日本(時事通信)
<水上バイク事故>行方不明女性 遺体で発見 千葉県東庄町(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。